旅行の準備に役立つ?(上のメニューはスライド可能)

台北の旅行記☯初一人旅|龍山寺にATM?地下街は穴場ですYO!⑦

台北旅行記一人旅⑦のアイキャッチ画像 台湾

~前回のおさらい~

台北一人旅も二日目に突入!

ホテルの温水洗浄便座(ウォシュレット)は、レバー式で少々苦戦。

快晴の中ホテルを出発。淡水川は、美しかった。

迪化街でインスタ映えスポットを発見。その後、選挙活動に遭遇。

迪化街のホテルから徒歩で西門に到着。西門でも、穴場のインスタ映えスポットを発見した。

西門の有名店はイマイチ…苦瓜ドリンクを飲んでからMRTで龍山寺に向かった。

 

龍山寺は台北最古の寺院!精巧な造りとATMに感動。

龍山寺の前まで到着!

龍山寺の外観

道路を挟んだ所から龍山寺に向かって拝んでいる人がいた。

流石、台北最古の寺院。なぜか台北最古の寺院も、電光掲示板が付いていた。

 

門の横には、立派な表札(なんて言うのかわからない)!

龍山寺の表札

歴史を感じる風化具合。

 

門をくぐると、さらに門が。

龍山寺の門

 

右手には、滝!

龍山寺の滝

 

左手には、池!

龍山寺の池

池では、鯉が悠々と泳いでいた。

 

門の右側から中へ。龍山寺の入口

入口には、「入口」と書いてあり分かり易い!

 

中に入ると線香を配っていたので、一本貰った。

現地人らしき人達は、熱心に拝んでいた。

龍山寺の境内

僕は、参拝方法がわからないので要所要所で拝んでおいた。

 

龍山寺では、お供え物が購入できるようで購入したお供え物は、このテーブルに置くようだ。龍山寺のお供え物

 

貰った線香は、この中へIn。

龍山寺の線差

金ぴかでゴージャス!

 

ここが、本堂(多分)。

龍山寺の本堂?

柱から屋根の細部まで凝っていて美しかった。台湾にも宮大工みたいな人がいるのかな?

 

この規模で、造るのにどれぐらいの時間が掛かかるのだろうか?

龍山寺の屋根

 

本堂の横を、右側から抜けて行くとたくさんの人達が拝んでいる姿が見えた。

拝んでいる先には、この様な仏像や、

龍山寺の仏像

 

この様な仏像?10体以上あった。

龍山寺の仏像②

 

各仏像は、ショーケースの様なものに入っていた。仏像との間に、隔てる物があるのは少し残念…

現地人らしき人達は、仏像一体一体に対して拝んでいた。台湾人は、信心深いのだろうか。

 

一通り見学したので出口に向かった。

再度、建物の精巧さが目についた。

龍山寺の精巧な造り

 

この龍の髭とかよく折れないなと感心した。

龍山寺の屋根の龍

 

日本でもたまに、神社・仏閣に行くがここまで精巧な建物はなかなか見たことが無い。

 

出口付近には、お守り等の販売所があった。販売所の近くには、ATM

龍山寺のATM

もし、持ち合わせがなくても安心。

ATMは、お寺には不釣り合いな気もするが、有用性は高い。龍山寺の住職は、柔軟な考えを持つ人なんだろうなと思った。

「台湾の寺は進んでいるなー」と思いながら龍山寺を出た。

龍山寺の観光時間は、約20分。龍山寺の歴史や、参拝方法が分かれば1時間は居れたであろう。

 

龍山寺は、拝観料は無料!こんな立派なお寺なのに謎。信心深い参拝者によって成り立ってるのかな?

なんにせよ龍山寺は、観光客に優しいお寺だった。

 

龍山寺の地下街は避暑地

龍山寺の向かいに地下街を見つけたので入ってみた。

 

地下街は、めちゃくちゃ涼しい。あまり人気が無いのか、人は少なめだった。地上で疲れたらここに来るべきだな。

さらに、もう1フロア降りると、木彫りの絵があった。

龍山寺地下街の木彫りの絵

美術品に疎い僕だが、あまりの大きさに目を奪われた。

横幅は10m以上ありそうだった。キボラーやキボリスト(そんな言葉があるのかは知らない)は、見に行くべし。

 

同じフロアには、中国版獅子舞のような物も展示されていた。

龍山寺地下街の中国式獅子舞

シシマイーやシシマイストは…

この地下街のコンセプトは、よく分からなかった…しかし、良い休憩になり、地下街を後にした。

 

次の目的地は、中正紀念堂!

 

【続きを読む!】中正紀念堂の衛兵交代式はシンクロ率MAX!⑧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました