旅行の準備に役立つ?(上のメニューはスライド可能)

台北の旅行記☯初一人旅|初心者のくせに航空券・ホテルは前日予約①

台北旅行記一人旅①のアイキャッチ画像 台湾

みなさん、ニーハオ😀!

海外一人旅って、興味があっても不安が大きいですよね?

私も、この旅行をするまでは同じ気持ちでした。しかし、中学生レベル(いや小学生?)の英語しか出来ない私でも楽しく一人旅が出来ました!

このブログでは、そんな楽しかった「2泊3日台北・九份!初めての海外一人旅行記」をお届け。2018年10月の話です。

私は、男ですが女子におすすめの情報や人気スポット、オススメグルメ、さらには、台北旅行時の注意点まで幅広く発信!

この記事を見れば、「一人で海外旅行に行くのって難しくないじゃん!」と思えるかもしれません。

なぜ一人で台北旅行に行こうと思ったのか

今回なぜ一人で台湾旅行に行こうと思ったかと言うと、

  • 急遽3連休が取れたから
  • 仕事のストレスを解消したかったから
  • 前の月に行ったクアラルンプール旅行が楽しく、より海外に興味を持ったから
  • 台湾に対して良いイメージが強かったから
  • 一人で旅行に行ってみたかったから

です!

 

上記に一つでも当てはまる方が、台湾旅行に行くきっかけになれば良いなと思います。

2泊3日台北・九份一人旅の日程

日程は、下記の通りです。

日目 内容(ざっくり)
1日目 成田国際空港から台湾桃園国際空港へ
台湾桃園国際空港から迪化街(ディーホアジエ)のホテルへ電車(MRT)移動
迪化街から九份へ電車・バス移動
九份徘徊→士林夜市までバス・電車移動
士林夜市徘徊
2日目 迪化街と西門徘徊
龍山寺見学と地下街
中正紀念堂で衛兵交代式見学
台北101の鼎泰豊で食事
中山駅→台北駅→寧夏夜市徘徊
3日目 淡水川と迪化街周辺を徘徊後、桃園空港から成田空港へ

内容列は、リンクになっています。

リンククリックで、見たいページに移動可能!リンククリックを推奨します。無駄が多い旅行記なので😀

 

台北旅行の航空券とホテルを予約。ツアーは利用せず【旅行前日】

いつも通りのつまらない金曜日。仕事の進捗と上長の顔色を伺い、3日後の月曜日の有休を申請し取得。

 

仕事が終わり、自宅に帰ってきてから台北行の航空券とホテルを探した。航空券とホテルは、バラバラで探した。ツアー利用も考えたが、高くつくイメージと前日に予約は不可能だと思いやめた。

格安航空のチケットは、既に販売しておらず…

航空券の料金最安値は、チャイナエアラインの往復47,040円…少し高いなと思った。旅行前日かつ往路は、土曜日だからかな。

少し躊躇ったが、台湾に行きたい気持ちは止められず予約!今回初めて自分で航空券の予約をした。

航空券の予約は、特別難しかったわけではないが、慎重すぎたこともあり時間がかかった。

時刻は、既に22時過ぎだった。金曜日の夜ということもあり、疲れはMAX。

 

めちゃくちゃ眠かったが、ホテルも予約しなくてはならないと思い探した。

良さげなホテルを見つけagoda(アゴダ)で予約!大体どこのホテルも、agodaかBooking.comが最安値だった。

こちらも航空券と同じ理由で時間が掛かった。ツアーの方が簡単なのかな?

 

この時既に23時近く…

ここから持ち物の準備をし、寝たのは深夜2時頃。

疲労 > 不安・楽しみにより爆睡。

 

>>【安心・簡単】台北行のツアーを探す

>>【格安?】台北行の航空券を探す

 

初めての一人旅の始まり!成田国際空港からチャイナエアラインで台湾桃園国際空港へ【1日目】

早朝5時起床。3時間睡眠のため眠かった…

最終的な、荷造りを済ませ、最寄のバス停からバスに乗り駅に向かった。

 

電車は、土曜の朝ということもあり、混んではいなかった。しかし、座れる程空いてはいなかった。

同じ車両に乗る人たちのほとんどが、スーツケースを持っていた。

電車の中で台湾に思いを馳せていると、あっという間に成田空港の駅に到着。

早速チェックインカウンターに向かった。これから始まる旅行のワクワクと、初めて一人で飛行機に搭乗するドキドキが同居していた。

 

チェックインカウンターを発見。今回は、セルフチェックインも可能だということで、チェックインカウンターの隣のセルフチェックインカウンターでセルフチェックインを試した。

画面に出てくる日本語に従って操作するが、上手くいかず…

職員に聞くと、チェックインカウンターで受け付けるということで並ぶはめに。

セルフチェックインが出来なかったのは、クレジットカードの認証?が出来ていなかったからみたいだ。航空券を購入したクレジットカードを提示し、無事チェックイン完了!

チャイナエアラインは、クレカで航空券を購入した場合、事前にクレカを認証しておかなくてはならない。事前に認証をしなかった場合は、チェックイン時に航空券を購入したクレカを提示する必要がある。
※2018年10月時点かつ筆者の記憶

 

カードラウンジを利用してみたかったが、そんなに時間も無かったので今回はやめた。

保安検査前にセブンイレブンで軽食。セブンイレブンのあるフロアからは、チェックインカウンターが見えた。

成田空港出発ロビー

混んでいるのかどうかは、飛行機に数回しか乗ったことがないためわからなかった。
 
軽食を済ませ、保安検査へ。なんなくパス!
自動出国審査も当然問題なかった。

寄り道をしながら搭乗ゲートへ向かった。搭乗ゲートに向かう途中の窓からの景色

各航空会社の飛行機が綺麗に並んでいて、テンションが上がった!

搭乗ゲート近くで空港フリーWi-Fiを使い、台湾について調べていたらあっという間に搭乗時間。

 

機内は、日本人女性グループが多め男性一人はあまりいなかった。

飛行機慣れしていないため、離陸前にシートを倒してしまいシートを戻せとCAに注意された。

離陸時は、いつも通りドキワクした。

 

離陸後、機内アナウンスで、以下三社合同便みたいなことを言っていた。

  • デルタ航空
  • 日本航空
  • チャイナエアライン

よくわからないが、めちゃくちゃ豪華だなと思った。

 

離陸から約30分後、機内食が提供された。パスタとカレーの二択からカレーを選択した。

マレーシア航空の機内食

やっぱりみんなが言う程、機内食は不味くないと思った。むしろ、カレーに入っていたチキンはかなり美味しかった。

機内食を食べながら、ビールを飲みたかったが前回の経験があったので我慢。

前にあるモニターをいじったり、寝たりを繰り返した。

台湾桃園国際空港に到着!初めての一人入国審査

予定通り4時間弱で、台湾桃園国際空港に到着。

着陸も毎回ワクドキ!

飛行機から降りて、空港に入るとうっすらと独特な匂いがした。外国人が日本に来た時も同じことを感じるのだろう。

 

人の流れに乗って、入国審査場に到着。しかし、機内で配られた入国カード

  • ボールペンを持っていない
  • 書き方がわからない

ので書けていなかった。

入国審査ゲート前の記入台で、入国カードの日本語サンプルを発見。

しかし、サンプルがわかりづらい上に記入ミスで書き直した。新しい入国カードは、入国審査ゲートの記入台に置いてあった。

なんとか入国カードを作成し終え、入国審査ゲートに並んだ。入国カード作成で手こずったせいもあり、まあまあ並んだ。

 

20~30分程並び、自分の番が来た。入国審査官に「何か質問されたらどうしよう」と内心ドキドキしながらも、余裕を演出するために「ニーハオ」と言い、

  • パスポート
  • 航空券
  • 入国カード

を渡した。

入国審査官は、険しい?ダルそう?な顔をしながら受け取った。

入国審査官は、パスポート類に目を通した後、カメラを指さした。僕は、指示通りカメラを見た。

その後は、両手の人差し指(親指かも?)を突き出すジェスチャーをしてきた。僕は、カメラの下辺りにある指紋認証機に指をかざした。

入国審査官が、「OK」と言ってパスポート等を返却してくれた。

僕は、平然を装い「Thank you.」と返し、パスポート等を受け取った。

不安は、杞憂に終わり、台湾に入国!

 

入国後、荷物を受け取った。入国までにすこし時間が掛かったこともあり、僕の荷物は既にターンテーブルの上でグルグルと回っていた。

税関的なところを抜け、到着ロビーに出た。

桃園国際空港到着ロビーの自動販売機

喉が渇いていたため、自販機で飲み物を買おうとしたが、当然台湾の通貨を持っていなかった…

 

まずは、両替することにした。両替所は、何ヵ所かあったレートは大して変わらなかったため、適当な両替所で1万円分両替した。

その後、SIMカードを購入。こちらもお店ごとにプランの差は感じず、適当なお店で購入した。SIMカードは、クレジットカードで購入できた。スマホのセッティング(APN設定かな)もしてくれた。

 

これで、準備万端!ということで、ホテルまでのアクセスをGoogleマップで検索。ホテルまでバスで行く方法が出たが、バス乗り場がわからず、インフォメーションセンターで聞く事に。

インフォメーションセンターの人は、親切丁寧に教えてくれたがよくわからず・・・

Googleマップを見ていると、空港から市内へ電車(MRT)で行けることに気づき電車で行くことにした。

 

【続きを読む!】迪化街のホテルはまさかの女子向け~~☝②

 

 

タイトルとURLをコピーしました