旅行の準備に役立つ?(上のメニューはスライド可能)

タイ・バンコク一人旅行記!ワットアルンは夜?チャオプラヤー川周辺④

タイ・バンコクの一人旅行記④のアイキャッチ画像 タイ

~前回のおさらい~

夜のカオサン通り徘徊

カオサン通りの中心部は、音楽が爆音で流れていて騒がしかった。カオサン通りの隣の通りへ移動しビール!パッタイ!寿司!寿司はイマイチだった…

 

再び、カオサン通りへ。

23:30頃だというのに、1時間前よりも盛り上がっている様子だった。夜のカオサン通りは、旅行初心者の陰キャ一人旅にはハードルが高いことを認識し退散

セブンイレブンで、ビールの購入を試みるも買えず…

そして、ホテルの自室に帰還し、ホームシック気味に。帰国を早めようとするも料金が高くて断念。

洗濯が地獄。シャワーを浴び、水が臭いことに気付いた。

 

2日目の朝、起床すると心身ともにスッキリ😀

しかし、ブラックコーヒーは加糖だった…さらに、洗濯物に苦しめられた。

 

フロントにてチェックアウト。チェックイン同様スタッフが、無愛想だった。

 

次の目的地は、王宮(ワット・プラケオ)!徒歩にて出発!

 

バンコクより東京の方が暑いかも。チャオプラヤー川を南下

時刻は、12時頃。

暑い!

バンコク予想最高気温36℃。しかも、晴れ🌞納得の暑さだった。とはいえ、近年の東京の夏と変わらないぐらい。いや、東京の方が暑いかもしれないぐらいだったので、すぐに順応した。

 

王宮の場所を確認。「サワディーカー」と「コップンカー」

道中、第一村人発見。

王宮(ワット・プラケオ)の場所が合っているか確認した。

僕「コップンカー。王宮ってあっち方向だよね?(的な英語)」
相手「(微妙な反応の後)あっちで合ってるよ。」
僕「わかった!サワディーカー。」
相手「(微妙な反応)」

※実際は、もう少し手こずった。

 

この辺でやっと気が付いた!「サワディーカー(こんにちは)」と「コップンカー(ありがとう)」が逆だったことに。

なんかみんな反応が悪いなと思っていたが、これのせいだったのか。笑

 

王宮に行くつもりが船着き場へ

王宮の方向が定まったので、道路を横断。

王宮近くの道路

大きな道路で横断歩道は、無かった。

歩いているとタイ人らしきおじさんに話しかけられた。ナンダカンダすったもんだあって、船着き場の近くまで来た。

 

王宮からワットアルンへ目的地変更!タマサート大学敷地内を通過

王宮から離れてしまったので、目的地を変更。ワットアルンへ行くことに!

ワットアルンへ行くには、川を横断しなくてはならなかった。なので、川沿いを南下しながら船着き場を探索。

歩いていると、大学らしき敷地へ。他の部外者らしき人たちも、敷地内を出入りしていた。

お昼時だったので、学生?は学食らしき場所でランチ。

タマサート大学の学食

 

川沿いのベンチには、休憩の人たちがチラホラ。

タマサート大学、川沿いのベンチ

寝ている人もいた。眺めも良く日陰になっていたりして、なかなか良い場所☺

 

図書館に大学名が書いてあった。

タマサート大学図書館の外観

タマサート大学というらしい。

 

船でチャオプラヤー川を横断!本当にワットアルン行き?

大学の敷地を抜けると、右手に船着き場らしき場所を発見!

料金所のおばちゃんに、「この船は、ワットアルンに行く?(的な英語)」と聞いたがタイ語らしき言葉で雑な返答。よくわかんなかったけど、0.5(約1.75円。1バーツ=3.5円換算。以下同様)だか1.5バーツ程度(5か10バーツだったかも)だったのでとりあえず乗ってみた。

 

乗船後、目の前にいた少年に「この船は、ワットアルンに行く?(的な英語)」と聞くと頷いた。しかし、反応が怪しかった…

 

乗船から1、2分後出航。

チャオプラヤー川の船上

チャオプラヤー川の船上は、風の通りが良く心地良かった。なんとなく川が臭い気もしたが…

 

出航から1、2分後、ワットアルンではなく対岸に到着…気のせいかもしれないが、目の前にいた少年はそそくさと降りて行った。しかし、対岸に渡れたので良かった😃

 

飲み物が2つ…1つしか注文していないはずなのに。

喉が渇いたので、ジュース屋?で飲み物を1つ注文

出てきたのは2ドリンク…🥤🥤

2つも頼んでいないことを訴えかけたが、意思の疎通が上手くいかず2つ購入。幸いにも後ろに4人程並んでいたので、「間違えて頼んじゃったから1つ飲んでくれない?(的な英語)」と聞いてみたがみんな同じ反応。苦笑いで断られた😓結構ショック…

 

諦めずに、飲み物を貰ってくれる人を探し回った。警備員らしき現地の兄ちゃんに狙いを定めた。

「間違えて頼んじゃったから1つ飲んでくれない?(的な英語)」と話しかけた。しかし、僕が言っている事が伝わっていない様子。それを見た近くの露店のおばちゃん2人が、通訳をしてくれた。警備員の兄ちゃんは、理解した様子でドリンクを受け取ってくれた。有難い。

通訳してくれたおばちゃんに、ワットアルン行の船の場所も聞いてみた。おばちゃんは、僕が先程船を降りた方にあると言う。言われた通り見に行ったが、それらしき船は見つけられず🚢…

一旦船は諦め、川沿いをワットアルン方向へウォーキング。この辺の商店街的な通りは、観光客があまりいなかった。

Prannok Pier周辺の商店街

バンコクで穴場の寺院発見!?タイ人は歩かない?

穴場の寺院を発見?金ぴかで豪華だけど見学無料

商店街から徒歩約5分、立派な銅像に遭遇。

ワット・ラカン コーシッターラームの銅像

きっと、ど偉い僧侶なのだろう。

銅像の近くには、寺院があった。

ワット・ラカン コーシッターラーム

銅像のお坊さんが建立したのかな?寺院の名前も知らないが見学してみた。

 

寺院の中には、観光客らしき人はほとんどおらず地元人らしき人が多かった。そして、この寺院はいちいち豪華

ワット・ラカン コーシッターラームの建物の出入口

「この装飾でいくらかかっているんだろう。」等、下品な疑問が頭に浮かんだ。煩悩人間。

 

建物の中には金ぴか仏像

ワット・ラカン コーシッターラームの仏像

そして、歴史を感じる壁画だった。

中にいる人達は、拝んでいる人もいればただ休憩している様な人もいた。写真を見た感じだと涼んでいる人が多い?笑

特別大きなお寺ではなかったが、観光客も少なく無料だったので大満足😊穴場のお寺かもしれない。

こちらのお寺の名前は、「ワット・ラカン コーシッターラーム」と言う様です。

 

ワットアルン行の船は無い?タイ人は歩かない?

お寺を出て、再び船探し。

しかし、人影が減り不安になってきた。そんな中、前から現地人らしき二人組がやってきたので質問してみた。

僕「この辺からワットアルン行の船はない?(的な英語)」
現地人①「ないよ。」
僕「ワットアルンまで歩いたら遠い?(的な英語)」
現地人①「遠いよ。そこの道から大通りに出てタクシーに乗ったほうが良いよ。(的な英語)」
僕「わかった。ありがとう。」

現地人②は、先にどこかに行ってしまった。現地人①すまん。そして、ありがとう😉

 

迷った挙句、徒歩を選択。

やっぱりタクシーでボラれるのが怖かった。GRABを使えば良かったんだけど、使い方がわからず…クアラルンプールで、人任せにした弊害。

大通りを歩いたが、ほぼ誰も歩いていなかった。みんな直ぐに、タクシーやトゥクトゥクを拾うか、バスを待っている様子だった。バスも良いなと思ったが、前回の台北旅行時によくわからなかったので諦めた…

ここにきて、前回までの旅行の課題が残っていることに気付かされた。そして、自分の後回しにするだらしない性格を再認識。「旅は人生の映し鏡」なのかもしれない(ちょっと格好つけた)。

 

歩いていると緊急車両が近くを走行。

タイの緊急車両

周りが、避けないのか避けられないのかわからないが、緊急走行出来ていなかった。そして、フルスモーク🙈一般車両だけじゃないんだね。

 

アパート?には、鉄格子?金網?

アパートと鉄格子

夜は治安が悪いのかな?歩いた時は、そんな感じはしなかったけど。

 

さらに進むとしゃぶしゃぶ屋!

My Shabuの外観

199バーツ(約697円)で食べ放題だとしたら良さげ。店名は、「My Shabu」?「しゃぶ」って2回繰り返さないと…💉

 

さらにさらに進むと、昨夜カオサンで見た様な王族の肖像画が。

王族の肖像画

流石、王国ですわ。

 

そして、肖像画のすぐ近くには、「ワットアルン」の文字が!

ワットアルンの案内?

しかし、まだ到着ではなかった…さらに歩いた。

 

またしても、「ワットアルン」の文字!

ワットアルンの案内看板

やっと観光客らしき人達や商店がチラホラと現れた。この通りを真っすぐ行ったところの左手に出入口を発見。

ワットアルンまでは、船を降りてから徒歩約30分かかった。体感的には1時間ぐらい。それぐらい暑くてしんどかった。汗ダクダク。

 

昼のワットアルン観光は約20分。本場タイのトムヤムクン!

「ワットアルンは、夜に外側から見るのが良さげです。」

時刻は、13時半過ぎ。

チケットカウンターで、チケットを購入。50バーツ(約175円)。

チケットカウンターの係員は、ガッツリ昼飯を食べていた。一瞬ゆるいなと思ったけど、昼休憩がないって事か?

入場すると例のやつ

ワットアルン

「装飾が細けー!すげー!」と思ったが、あれ?夜見たほうが綺麗?

 

この塔、途中まで登れる様なので登ってみた。登ったところからは、ワットプラケオが見えた

ワットアルンからの眺望

多分登らなくても見えるな。笑

 

塔を降り、ワットアルン内を散策。バリ感バリバリの守り神がいた。

ワットアルンの守り神?

 

そして、ここにも王族の肖像画

ワットアルンの王族肖像画

初めて女性Ver.を見た。

 

僕が、見つけられたワットアルンの見どころは以上!ちょっと期待値が高すぎたかもしれない。

結論、「ワットアルンは、夜に外側から見るのが良さそう。」

とはいえ、人が少なくて見学し易かった。そして、日本人はあまりいなかった。

といった感じで、ワットアルン観光は約20分で終了。

 

夜のワットアルンを、チャオプラヤー川から観られるディナークルーズのオプショナルツアーがありました!

>>【バンコク市街夜景】チャオプラヤ川ディナークルーズ【ブッフェ・送迎付】

ワットアルンだけではなく、王宮(ワットプラケオ)やワットポーのライトアップも見られるみたいです🌟良さげ。

 

ワットポー側へ。本場のトムヤムクンは食べ応えがない?

次は、ワットポーか王宮に行きたかったので向こう岸へ行く船に乗船

「ワットポー」的な事が書いてある乗り場から乗った。

 

船からは、薄っすらと高島屋

チャオプラヤー川からの眺め

日本国内だとデパートって減少傾向だと思うけど、国外で頑張ってるのかな?それって、日本の内需が…これ以上掘り下げるのはやめておこう🤐

 

無事ワットポー側に到着

お腹が空いたので飲食店を探しウロウロ。控えめな勧誘をしてくれたお店に入店した。(下図の辺り。見つけられなかった。)

 

席に着くと小学生ぐらいの女の子が対応してくれた。「学校に行けてないのかな?」とかおせっかい心を抱きながらも、

  • トムヤムクン
  • チャーハン的なやつ
  • ビール

を注文。

 

まずは、ルービー(なぜか写真が無い)。汗をかいた体に染み渡った。

そして、本場のトムヤムクン

ワットポー付近の飲食店のトムヤムクン

味は、辛味よりも酸味が効いていた。

そして、色々と物足りなかった。原因は、もっと香辛料が効いているものだと思っていた事や、具材の半分ぐらいは硬すぎて食べられなかったこと。食べてから思い出したけど、実際具材のほとんどは食べないっていうのをテレビで見た記憶が。

麺が入ったやつとかにすれば、良かったなあ🙄

 

そして、チャーハン的なやつはまあまあだった(なぜか写真が無い)。

 

締めに、アイスコーヒーをかまそうかと思ったけど、割高な気がしたのでやめた。

ワットポー近くの飲食店のドリンクメニュー

 

お会計をして、退店。料理は、普通だったかもしれないけど家族経営っぽくて温かみがあるお店だった。そして、店内が綺麗で清潔感があったので👍

 

生ココナッツジュースを飲みながら王宮へ。露店は違法営業?

外に出たらすぐに喉が渇いたので、船着き場の辺りで生ココナッツジュースを購入。50バーツ(約175円)ぐらいだったかな。

生ココナッツジュース

味は、少し甘くて後味が枝豆風味😅「美味しくはないよ。」という噂を、聞いたことがあったが共感した。

 

ココナッツジュースを飲んでいると、船着き場の辺りにいた露店が急に隠れ出した。辺りを見渡すと警官の姿👮もしかすると、露店は違法営業なのかも。でも、露店の人達はヘラヘラしてたし実質警察は見逃しているのかもなー。

 

ココナッツジュースを飲みながら王宮へ。

ワットポーの方が近かったが、王宮の方が閉館?時間が早かったので王宮を優先した。王宮へ向かって歩いている間は、その日一番の暑さを感じた。タイも、15時ぐらいが一番暑いみたい☀トゥクトゥクに乗っている、欧米系旅行者が羨ましかった…

 

ココナッツジュース購入から約13分、王宮の出入口らしき所に到着

 

【続きを読む】タイ・バンコク一人旅行記!王宮を無料見学?ワットプラケオは見れず⑤

 

タイ・バンコク一人旅行記!王宮を無料見学?ワットプラケオは見れず⑤
タイ・バンコクの一人旅行記です☺王宮を無料で見学?金ピカな建物や大きな宮殿があったり、大砲や石像があったり、衛兵がいたり。ワットプラケオは出てきません!そんなブログ♥

 

👇初めての一人旅👇

☟初めての海外旅行☟

タイトルとURLをコピーしました