旅行の準備に役立つ?(上のメニューはスライド可能)

【東南アジア】一人旅行記!バンコク到着も予定は未定【初心者】①

タイ

みなさん、サワディカップ!スオスダイ!シンチャオ!

もう、みなさんお分かりかもしれませんが、今回は…

【東南アジア】8泊10日?タイ-カンボジア-ベトナムを陸路で国境越え一人旅行記スペシャル」を勝手にお送りします。

 

この旅行記ブログは、主に下記を事細かに記載していきます。

  • 東南アジアで体験・経験した事
  • 東南アジアで感じた事

そのため、下記の様な方にとっては冗長なブログだと思います。

東南アジア旅行時、有益になる情報を知りタイ。

 

しかし、下記の様な方にとっては良い暇潰しになるかもしれません。

暇だわ~。東南アジア旅行に興味があるわ~。

暇だな。そういえば、昔タイ・カンボジア・ベトナムに行ったけど最近はどんな感じなんだろう。

 

この旅行記は、2019年4月の話です。

東南アジア一人旅の日程と旅費

日程の写真

まずは、東南アジア一人旅日程旅費をご紹介。

東南アジア一人旅の日程

日程は、ざっくり下記です。

日目 内容(ざっくり)
1日目
2日目
3日目
4日目
  • バンコクからシェムリアップへバス移動。初めての陸路国境越え。
  • 夜のパブストリート周辺を徘徊&夜飯
5日目
  • アンコールワット遺跡群を観光
  • バスチケット&SIMカード購入
  • 夜のパブストリート周辺を徘徊&夜飯Part2
6日目
  • シェムリアップからプノンペンへバス移動
  • ワットプノンを観光
  • バスチケットを購入
  • 日本式居酒屋で夜飯
  • 再度バスチケットを購入
  • 夜のリバーサイドを徘徊
7日目
  • 王宮とシルダーパゴダを観光
  • トゥールスレン虐殺博物館を見学
  • プノンペンからホーチミンへバス移動
  • 夜のファングーラオ通り&ブイビエン通りを徘徊&夜飯
8日目
  • ベトナム戦争証跡博物館を見学
  • 統一会堂を見学
  • サイゴン大聖堂&サイゴン中央郵便局を見学
  • ロンヴァン水上人形劇を見学
  • ベンタイン市場周辺を徘徊
  • 夜のファングーラオ通り&ブイビエン通りを徘徊&夜飯Part2
9日目
  • メコン川クルーズ
  • レタントン通り周辺を徘徊
  • ビテクスコ・フィナンシャルタワーを見学
10日目
  • ベトジェットエアでタンソンニャット国際空港から関西国際空港へ
  • Peachで関西国際空港から成田国際空港へ

10日間で3ヶ国4都市に行きました!

「内容」列からリンクを押すと、その内容のページに移動可能✈飛ばし読み推奨です。この旅行記は、無駄に長いので😀

 

東南アジア一人旅の旅費

旅費は、概ね下記です。

内訳 金額(ざっくり)
航空券(往復) 46,000
宿泊費(8泊) 24,000
その他現地費用 60,000
合計 130,000

バックパッカーよりはだいぶ高く、一般旅行者よりは多少安いぐらいですかね。

「約13万円でどういう旅行になるのか?」という視点で、見ていただくと良いかも☺

 

前置きはこれぐらいにします。

それでは、東南アジア一人旅行記スターティン🍎♪

東南アジア一人旅の準備と想定外の不安要素【旅行前】

不安のイメージ画像

東南アジア一人旅の約1ヵ月前

仕事を辞め、ダラダラと無職生活を過ごすのにも飽きてきた。そろそろ、二度目の一人旅がしたいと思っていた。

前回は、台湾・台北に行ったので次は「タイでしょ。」となんとなく決めていた。なぜタイなのかというと、台湾の次に人気かつ旅行の難易度が低いイメージがあったからである。

 

航空券を検索&予約✈旅行ルート決定!

タイを中心に航空券を検索✈

成田=バンコク往復の航空券が結構安かった。そのため、下記ルートでの旅行を検討。

タイ→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ

 

しかし、結局航空券は下記で予約

  • 往路:成田→バンコク
  • 復路:ホーチミン→関空→成田

 

ルートは下記にすることに。

タイ→カンボジア→ベトナム

なぜこのルートにしたかというと、10日程しか確保できなかったからである。無職のくせに、どうしても外せない予定があった。

 

とりあえず、航空券の予約は完了。

他にやらなくてはならない事を洗い出した。

  • カンボジアのeビザ申請及び取得
  • 持ち物の購入及び準備
  • 観光地の調査や選定
  • ホテルの予約

 

カンボジアのeビザ申請及び取得

まずは、「カンボジアのeビザ申請及び取得」に取り掛かった。

ネットで調べながら公式サイト?から申請。金額は、36ドル(約4000円)だった。

約30分後、メールにてeビザのPDFが送られてきた。早い!

eビザ取得の際は、取得代行サイトに注意。
手数料が無駄に高いみたいです。公式サイトでも簡単に取得できます。
私が、利用したサイトは下記です。
>>カンボジアeビザ公式サイト?

※eビザ取得の際は、他サイトも併せて調べてみて下さい。

 

持ち物の購入及び準備

次は、持ち物の購入及び準備

まずは、バックパック(ザック)を購入。今回は、「LCCの機内持ち込みに挑戦しようの会」のため重めなスーツケースは回避した。

そして、下記類の持ち物を購入。

  • セキュリティ関連
  • 便利グッズ
  • 日用品・薬

他の持ち物は、大体持っている物で賄った。

 

スマホやPCには、Amazonで映画音楽書籍をダウンロード。これで移動時間の暇つぶしは概ねOK!

 

航空券やeビザのコピー(印刷)は、旅行前日に行った。

 

「どうせまた旅行に行くだろう。」と思ったため、持ち物チェックリストも作成。

持ち物チェックリストを作成したおかけで、準備が捗った☺

以下記事で旅行に持って行った商品等が分かります☺
>>海外旅行に必要な持ち物って何?コレさえ見れば荷造りは完璧【完全版】

持ち物チェックリストは以下記事です☻
>>海外旅行の持ち物チェックリスト全82種類☆【エクセル・PDF】

 

準備は以上。後は現地!

下記については結局やらず。

  • 観光地の調査や選定
  • ホテルの予約

観光地やホテルについて調査・選別していたら、キリがなくなってきたため。

上記については、旅行の移動・休憩中にやることにした。なんとかなるっしょの精神!

 

不安要素が発生!日本人が海外で犯罪を…

旅行前に不安要素が発生

  • タイで日本人詐欺グループが摘発(旅行約1ヵ月前)
  • カンボジアで日本人が強盗殺人(旅行数日前)

旅行予定先の3ヶ国中2ヶ国で、日本人が罪を犯した。

タイ人とカンボジア人は、日本人に憎悪を抱いているのではないか?」という疑念・不安を持ったまま渡航することに…

東南アジア一人旅行の始まり。バンコクに着いたは良いが【1日目】

旅行当日、9:00頃起床。

いつも通り、あまり寝られず。興奮と不安で。

普段通りの準備をした後、持ち物の最終準備。全荷物約11kgを背負って、バス停まで約15分歩いた。道中かなり浮いていたと思う。何せ、地元でバックパッカーの様な人を見たことがない。

バス停に着いた時には、荷物が重く辛かった。先が思いやられた。笑

 

バスから電車に乗り換え。

電車は、いつもの旅行と同じくギリ座れないぐらいの込み具合だった。

 

成田空港に到着。まさかのチェックインぎりぎり?

飛行機の離陸約3時間前、成田空港に到着。

いつものことだが、電車を降りた瞬間により旅行の実感が湧く。

 

出発ロビーに着くとより旅行感が高まった!

まずは、ノックスクートのチェックインカウンターへ。まだ、チェックインは開始していなかったが、長蛇の列だった。

成田空港の出発ロビー

恐らく一番混んでいた…

「まあ、チェックインが開始すれば列ははけるだろう。」と思いブラブラ。セブンイレブンで適当に買い物をし軽食。

 

チェックイン開始時間になったので、再びチェックインカウンターへ。

成田空港のチェックインカウンターの様子

😲!全然減ってない…むしろ増えてる?

でも、もしかしたら「機内持ち込みのみなら並ばなくて済むかも。」と思いスタッフに確認。

はい、残念。並ぶ必要あり…しかも、チェックイン時間内に列に並んでいたとしてもチェックイン終了時間が来たら締め切ると言われた。

とはいえ、出来るだけ並びたくないのでベンチに座って様子を見ることに。

 

チェックイン締め切り30分前、列が大して減っていなかった…

「これはまずい。」ということで諦めて並んだ。

 

チェックイン締め切り10分前、ようやくチェックインカウンターに到着。

しっかり荷物の重さを測られ、帰りの航空券も確認された

荷物については、対策していたので無事機内持ち込み出来た。帰りの航空券については、スマホで予約画面を見せ無問題。しかし、想定していなかったので手間取った。

なんとかチェックイン完了。

以下記事で機内持ち込みのみのコツ等がわかります。
>>機内持ち込みのみで旅行!持ち物はどれぐらい持ち込める?【手荷物】

 

荷物検査で初めての没収…

想定していたよりも、搭乗までの時間が無くなった。

そのため、速やかに荷物検査へ。

 

いつも通り荷物検査をパス。

と思いきや、虫除けスプレー(撒くタイプ)がボッシュート😂まだ、一回も使ってなかったのに…先人達は持ち込んだという情報があったのに…想定外の出来事!

情報収集ミス。しゃーない!

 

出国審査は問題なし。

「この流れは…」と思ったが何も無かった。それにしても、自動出国ゲートはすごい!早い!

 

飛行機に搭乗!ノックスクートの機体が可愛い♥

搭乗時間までそんなに時間も無かったので、ストレートで搭乗口へ向かった。

途中、飛行機が停まっている様子が見られるのが良い👍

成田空港に停まる飛行機

 

搭乗口付近に着くと今回お世話になる機体が!

ノックスクートの機体

可愛い😁それ故、少し頼りない。笑

 

少々待機していると、優先搭乗のアナウンス。その後、一般搭乗?のアナウンスがあり搭乗。

僕の席は、入口から見て一列目のちょっと良いシート。座席に辿り着くと同じ列の人達は着席済みだった。もしかしたら、優先搭乗だったかも。

 

座席は、非常に快適

前は壁で、足を組んでも膝から壁まで50cmぐらい余裕があった。しかも、左隣は空席。通路を挟んで右側のシートは誰もいなかった!プラス3000円程支払った価値あり。これなら、約6時間半のフライトも快適そうだなと思った☺

 

離陸前、CAに英語で何か言われた。しかし、聞き取れず…CAは、僕のバッグをシートの下に入れた。ああ、そういうことね。早速、英検4級の実力を発揮してしまった。笑

 

CAによる緊急時の説明は、最前列で観賞。近すぎて気まずかった。CAの内一人は、日本人っぽく何かあってもなんとかなりそうな安心感があった。

 

離陸。機内食は選択ミス

離陸🛫

なんだかよくわからないが、数十分遅れた(たしか)。

 

離陸から約30分後、機内食の提供が開始。

チケットを提示した後、事前予約していたドライカレーのようなもの(ムグライ風チキンご飯)がテーブルに置かれた。

ノックスクートの

味は、うーん😑800円は高いな。

周りの乗客は、カップヌードルを注文している人が多かった。僕もカップヌードルにすべきだった💔

 

機内食を食べた後は、PCで事前にダウンロードしていた映画を観賞。しかし、なぜか途切れ途切れだった…

その後は、寝て起きてを繰り返し、少し時間があったので電子書籍を読んだ。電子書籍を読んでいると着陸態勢へ。

 

バンコク・ドンムアン空港に到着。入国審査はいつも通り

着陸。

バンコク・ドンムアン空港に到着🛬なんだかんだで、約7時間半のフライト(たしか)となった。約1時間遅れ。

 

飛行機から降り、入国審査へ。

搭乗口から近い席のため、直ぐに降りることができた。そのおかげか、入国審査まであまり待たずに済んだ。

入国審査は、いつも通り質問も無くパス。

 

無事タイ入国

 

両替。「どこも同じレートです。」

まずは両替をすることに。

両替所は、入国審査場からエスカレータでワンフロア下ったところに何軒かあった。どこで両替するか迷っていると両替所の女性と目が合った。

両替所の女性は、微笑みながら「どこも同じレートです。」と日本語で書かれたプレートを掲げた。早速微笑みの国を感じた。

しかし、警戒心強めの無職は各両替所のレートを確認。

結果「どこも同じレート」だった。疑ってすまなかったということで、微笑んでくれた彼女の元で両替することに。しかし、いつのまにか並びが出ていたため別の店で両替。5000円分のタイバーツをゲットした。

 

両替後、少し安心したのか暑さを感じ始めため、上着を脱ぎ半袖モードへ。

 

SIMカードを購入。

ドンムアン空港の到着ロビー

続いて、SIMカードを購入することに。

両替同様、各店を物色。どこも大して変わらなそうだったので、話しかけてくれたおばちゃん店員のお店に決定。クレジットカードで問題なく購入出来た☺

インターネットを手に入れ無敵モード⭐

 

流石東南アジア!湿度が高い。それよりもどこに行こうか。

空港でやるべきことはやったため、空港の外へ。

外に出た瞬間モワッ!湿度が高見沢。とはいえ、近年の日本の夏と変わらないぐらいかも。

 

時刻は、現地時間で20時頃

「さて、どこに行こうか。」

未開の地にも関わらず、まだどこに行くかすら決めていなかった…😂

 

【続きを読む】タイ・バンコク一人旅行記♪ホテルのフロントでキレられる?の巻②

 

👇初めての一人旅👇

☟初めての海外旅行☟

タイトルとURLをコピーしました