旅行の準備に役立つ?(上のメニューはスライド可能)

【事故】バイクタクシーinタイ・バンコク!Grabは便利だけど⑦

タイ・バンコク一人旅行記⑦のアイキャッチ画像 タイ
スポンサーリンク

~前回のおさらい~

ワットポーを見学😀

涅槃像が、本当に大きくて圧倒された!足の裏には、108個の絵?図?が描かれていて神々しかった。

しかし、涅槃像以外は特にココロオドラズ。それでも、ワットポー入場料200バーツ以上の価値があった

 

次の予定は、カオサン通りを経由しホテルで荷物をピックアップ。

カオサン通りまでの移動方法は、Grabバイクタクシー

 

【事故】バイクタクシーinタイ・バンコク!Grabは便利

Grabを使う時が来た!

  • 歩く気力・体力が無い
  • 野良のトゥクトゥク等は信用できない

等の理由から。

英語表記しか無く、苦手意識があったGrab。使ってみたら、意外と簡単で拍子抜けした😲

 

Grabは、タクシー配車アプリです。

 

Grabの予約手順【簡易的な使い方】

予約までの手順は、4ステップだけ(たしか)。

  1. 出発地を入力(日本語入力可)し、地図上で指定。
  2. 目的地を入力(日本語入力可)し、地図上で指定。
  3. 車種を選択(乗用車やトゥクトゥク、バイク等)。価格・迎車までの所要時間も表示される。
  4. 「Book」を選択で予約完了。予約した車のナンバーや、位置が表示される。

 

バイクタクシーを予約。運転手と合流し乗車。

今回は、バイクタクシーを予約!

  • 乗ってみたかった。
  • 一番安かった。

から。迎車までは、約1分。たまたま、近くにいたとはいえスゴイ…😲

慌ててワットポーを出て、指定した道路沿いで待機。速攻で、到着した旨のメッセージが来た📩

それらしきバイクの運転手に、スマホでGrabの画面を見せ「Grab?」と質問。運転手は、頷きヘルメットを渡してきた。

若干、オイニーが気になるヘルメットを被り乗車。125ccぐらいのスクーターに、二人乗りスタイルだった🛵一応、足のステップと握れるところはあり。

 

発車!バイタクはスリル満天。タイは三人乗りもOK?

乗車すると直ぐに発車!

バイクタクシー乗車時の風景

バイクタクシーは、トゥクトゥク以上の解放感!しかし、それ故なかなかのスリル🎢

 

少し走ると、車とバイクが増えてきた。

バイクタクシー乗車時の風景②

現地の人は、二人乗りどころか三人乗りしてるし、後ろの人はどこも掴まずスマホをいじっている…

一方、僕は写真を撮影しつつも片手はがっつりバイクの一部をホールド。どこも掴まないなんて考えられない。落っこちそう…てか、タイって三ケツOKなの?

 

さらに走ると、前方が車で詰まった。

バイクタクシー乗車時の風景③

車の間を抜けて行くのかと思いきや、急に右へ!

そのまま、対向車線を先頭まで走り抜けた。対向車は来てなかったけど、怖すぎーーー!ぴえん😢

 

いよいよ、事故る。

信号待ち。

待ち時間は、体感約3分。待ち疲れる程長い。「そろそろカオサン通りに到着だな。」と思いカメラをしまった。

 

カオサン通り到着間近、前のバイクが何かを落とした。その瞬間…

ガッシャン

こちらのバイクが、前のバイクに追突。幸いにも(閲覧者的には残念ながら)、怪我人は無し。バイクも見た感じ、少しキズが付いた程度だった。

 

タイの事故処理は口論で解決?

事故処理は、どうすんのかな?」と思っていたら、前の運転手がこちらの運転手に文句(多分)を言い出した🤬

前の運転手「どこ見てねん!」
こちらの運転手「お前こそ何、急停車しとんじゃ!ワレ!」
前運「物を落としたんだから、しゃーないやろがい!」
こち運「落とすなボケ!」

こんな感じ(超憶測)で2、3ターン言い合いをし、再び何事も無かったかの様に走り出した

 

「事故処理とか無いんかーい。そして、ぶつかったことに対する俺への心配や謝罪も無いんかーい。タイゆる過ぎ―。最&高♥」なんて思っていたら、カオサン通りに到着。カメラをしまわず、動画を撮っておけば良かったなあ…

降車し、たしか30バーツ(約105円)ぐらいを支払い。「事故ったし、乗車料金タダじゃね?」なんて考えは、甘かった…

歩き出すと、運転手が何かを言いながら俺の頭を指差す。ヘルメットを脱ぎ忘れていた。事故って動揺していたのかもしれない。

 

初めてのバイクタクシー体験終了!

感想は、バイクタクシーばり面白い!怖さに勝る面白さ。遊園地のアトラクションよりも、スリルがリアル。

そして、Grabは安くて便利!これは、使わない手は無い。

昼間のカオサン通りを徘徊。価格交渉はタブー?

昼間のカオサン通りを徘徊。

昼間といっても既に、17時過ぎ(笑)厳密には、日中かな🌞

日中のカオサンロードは、昨夜とは全然違う雰囲気

日中のカオサン通り

爆音がしなければ、上裸のゲイのカップルが熱いキスを交わしていることも無い。

逆に、夜は見かけなかったバックパッカーは居たり、クロコダイルの丸焼きがあったり…

クロコダイルの丸焼き

日中は、日中で刺激的かも🤔

 

カオさん通りでタイパンツ探し。値下げ交渉してみた。

カオサン通りをホテル方面へ歩きながら、タイパンツ探し。

タイパンツは、基本ダボっとしていて生地が薄い。そのため、白系はもれなくパンツが透けるであろう。パンツが、透けにくそうなタイパンツを探しながら練り歩いた。

日中のカオサン通りは、服飾系の店が一番多い様でタイパンツは至る所で販売。大体のお店が、似た様な柄のタイパンツを100バーツ(約350円)で売っていた。

なので、適当なお店で表記されている価格100バーツ(約350円)から値下げ交渉してみた。

俺「(タイパンツを持ち)これ50バーツ(約175円)でどうすか?
店員さん「…」苦い表情をしたままお店の奥へ

何故か、怒らせてしまったっぽい。値下げ交渉自体がダメだったのか?値下げ額が大きすぎたのか?なんなのかわからず…

 

2度目の価格交渉。一応成功?

ダラダラ歩いていると、カオサン通りのほぼ端に到着。

タイパンツは、どうしても買いたかったので、近くにあったお店で再び価格交渉。今回は、価格表記がなく言い値150バーツ(525円)からの挑戦

俺「100バーツ(約350円)でどうすか?
店員さん「(渋めの表情かつ小さめの声で)125(約437.5円)ならいいよ。
俺「もう少し下がる?」
店員さん「(苦めの表情で)No.」すぐにその場を離れる

若干の値下げに成功したが、反応はやはり良くなかった

カオサン通りでは、値段交渉はあまりよろしくないのかもしれない。検証回数2回、検証人1人なので信憑性低めだけど。

 

結局、タイパンツを125バーツ(約437.5円)で購入!

他のお店よりも、25バーツ程高いが満足。他の店では見かけなかった、クジャク柄みたいなタイパンツが買えたので。

 

カオサン通りとは、これでおさらば👋

夜だけではなく、日中も来られて良かった。日中と夜の差が感じられたことによって、昨夜のカオサン通りも良い思い出になった感。

 

ホテルで目的地選定 with おビール

ホテルへ、荷物を取りに行くため徒歩った🚶‍♂️

ホテル近くにある象の像?で寝る人

バンコク、象の像?

石が、冷たくて気持ち良いのかもしれないけど、背中と腰は痛くないのかな?

 

ホテルの前に、コンビニでおビールを購入。昨夜のリベンジやー

ホテルに到着し、座る場所を求めフラフラしているとプールを発見!

ロイヤルラタナコーシンホテルのプール

ちょうど、他のお客さんが出て行ったため貸し切り状態。散々酷評したホテルだけど、プールは悪くないかも。

謎のおビールで体力を回復しつつ、次の目的地を選定🍺

蚊が、まあまあいることに気付き始めた頃、スタッフに「プール閉めるでー」と言われた。プールは、18時までっぽい

 

客室の端にある、謎の席に移動。時折通る、宿泊客の不審者を見る様な目を感じながらも、目的地を決定した。

目的地が決定したので、ホテルを予約。昨日、ホテルの当日予約で失敗した感があるが、この日も性懲りもなく当日予約をブチかました!

 

再びGrab!運転手側からキャンセル。

預けていた荷物を回収し、予約したホテルまではGrab🚘

 

Grabは運転手側からのキャンセルもあり

今回は、荷物が多いので乗用車を予約した。待ち時間は、約10分。

待っていると運転手からメッセージ!

「道路が、渋滞していてあなたをピックアップできない。道路の反対側に居てくれれば…(的な英語)」

メッセージ内容がよく理解できず、何度も繰り返し読んでいると再びメッセージ。

キャンセルするよ。すまん。」

まさかの運転手側からキャンセル。これが、本来あるべき平等な商売ってやつか。良い風習😊これは、消費者側も鍛えられるわ。

 

地図で、目的地までの経路を確認。

自分がいる側の対向車線が、目的地方向だった。なるほど、運ちゃんがメッセージで言ってたのはそういうことね。ありがとう👍

 

Grabの出発地は車線も大事

ということで、出発地を対向車線に設定し、再度Grabを予約

ホテル前の道を横断した(以下写真、右から左に)。

ロイヤルラタナコーシンホテル前の道路

こりゃピックアップしづらいわな…それにしても、日本車多すぎぃ!

 

約5分後、Grabタクシー到着。

今回は、ちゃんとGrab画面上のナンバーと車のナンバーを、照合してから乗車した。

車は、トヨタ・ヤリスのセダンタイプ。恐らく、日本では販売していないやーつ。シートは、革張りでほぼ新車っぽかった✨

運転手は、まあまあ気さくな感じ。Google翻訳を使いながら、ちょろちょろ話しかけてきてくれた。

車で走ること数十分、段々と高層の建物が増え始めめっちゃ都会に🗼それに伴い、渋滞も酷くなってきた…

バンコクの渋滞は、日本よりも深刻かも。渋滞そのものより、事故が多そう。バイクは、ガンガンすり抜けて行くし、車線はめちゃくちゃになっていたりするし。というか、実際事故ったしなあ😁

 

Huai Khwang駅周辺に到着。

乗車から約40~50分後、ホテルの最寄駅「Huai Khwang」駅周辺で降車。

料金は、150バーツ(約525円)ぐらいだったかな。

 

Huai Khwang駅周辺にホテルを取ったのは、隣の駅近くにある【タラート・ロットファイ・ラチャダー】に行くため!タラート・ロットファイ・ラチャダーといえば、「無数の屋台がカラフルに煌めく光景」が有名だとか…

 

【続きを読む】【絶景】タラート・ロットファイ・ラチャダーは生でしょ【ホテル】⑧

 

台北旅行記 台北の旅行記☯初一人旅|初心者のくせに航空券・ホテルは前日予約①

ボッタクリ? タイの王宮・ワットポー周辺はぼったくりの巣窟?詐欺師の手口はこれ

タイトルとURLをコピーしました